浮気調査ガイド

【浮気調査バレたらどうなる?】バレたときのリスクと対策

浮気調査は正規の探偵事務所に依頼すれば相手にバレることは極めて少ないです。
ただし悪質な探偵事務所や自分で浮気調査を行う場合は相手にバレるリスクがかなり高くなります。

tantei
この記事では『ターゲットに浮気調査がバレた時』というテーマで実際に合った事例や対処法などを解説していきます。

万が一の時の失敗に備えて知っておくべき情報をシェアするので確認してください。

浮気調査をしてバレたときのリスク

ターゲットに浮気調査がバレた時に考えられるリスクについて解説していきます。

夫婦仲が悪くなる

調査途中でターゲットにバレた場合相手が逆上してしまうケースがあります。

相手が自分の非を認めることなく開き直り話し合いにならない場合もあり最悪の場合夫婦仲が悪化する考えられます。

「探偵なんか雇って自分のことを信じていないのか!」と言われても証拠がないわけですから反論することもできません。

もしやり夫婦関係をやり直したいのであれば一番避けたい事態になります。

警戒心を持たれ証拠の入手が難しくなる

一度調査をしていることがバレると相手も警戒心を強め浮気相手との待ち合わせ場所を毎回変えたり、尾行に気を付けながら浮気相手に会いにいくなど様々な工作をしてきます。

またこれまでの浮気相手とのLINEなどのやり取りも消去してしまったりなど証拠隠滅の可能性も高まります。

結果不貞行為の証拠が掴めないだけでなく二度と調査ができない状況に追い込まれることもあるので浮気調査をする際は相手に絶対に感ずかれてはいけません。

費用が無駄になる

探偵に依頼をして浮気調査がターゲットにバレた場合その依頼は失敗ということになります。

失敗しても経費や調査費用などはかかりますのでその分かかった費用は当然無駄になります。

浮気調査の費用は決して安いものではありません、依頼をする際は慎重に事務所の実績などを踏まえて検討すれば失敗のリスクを未然に防ぐことができます。

慰謝料を取れないまま離婚を余儀なくされる

自分で浮気調査をした場合証拠を集めても結局は証拠としての力が弱く不貞行為を実証できない場合があります。

また相手に調査がバレた場合こちらが不利になる可能性もあり非常にリスクが高いです。

相手の不貞行為が原因だとしても最悪の場合慰謝料を取れずに離婚を余儀なくされた事例もありました。

浮気調査がバレやすいケースとバレたときの対処法

浮気調査がバレやすいケースについて具体的な対処法と共にまとめました。

尾行に気づかれてバレる

尾行や張り込みが気づかれた時は絶対に認めてはいけません。

「たまたま見かけて付いてきちゃった」とか「本人かわからなかったから確認しようと思ってた」などと言ってその場を切り抜けましょう。

浮気調査をしていたことが相手にバレた場合自分の立場が悪くなります。

相手に疑われても怒ったりせずにその場は平和にやり過ごすことでその後の調査に繋げることができます。

悪質な探偵事務所の特徴!浮気調査依頼者が実際に経験した被害事例

悪質な探偵事務所の特徴!浮気調査依頼者が実際に経験した被害事例

続きを見る

携帯チェックの痕跡を残してしまいバレる

浮気相手とのやり取りが気になって携帯のチェックをしていたことがバレた場合は「少し調べものをしたくって携帯を借りた」などと言って切り抜けましょう。

慌てるとかえって相手から疑いの目を向けられてしまうのでここは自然に対応するのがベストです。
ただしその後はスマホを肌身離さず持ち歩くようになったりパスワードを変更されたり携帯チェックが困難になるかもしれません。

そうなった場合はしばらく放置して相手の警戒心が薄まってくるのを待ちましょう。

会話・態度から気づかれてバレる

相手のことを疑っていると普段の会話や態度から懐疑心が伝わってしまう可能性があります。

人間は感情がある生き物なので仕方がないことではありますができるだけ相手に感ずかれないように普段通りを心掛けましょう。

運動などをしてストレス発散をしておくのがおすすめ。

もし相手から何か言われた場合は「貴方が家事を手伝ってくれないから腹が立った」など別の言い訳をしましょう。

あくまで浮気を疑っているのではなく他のことで不満を感じていると相手に思わせることが重要です。

第三者を経由してバレる

もし第三者に聞き込みをしていたことがバレたら、心配している素振りを見せて下さい。
「最近何か聞きまわってたみたいだけど何をしてるの?」
「隠れて何か調べていないか?」
などと聞かれても正直に答えてはいけませんよ。

「最近帰りが遅いから何かあったのか心配で他の人から話しを聞こうと思った」など相手を気遣う言葉を掛けて安心させてあげてください。

これなら第三者から事情を聞いていたとしても怪しまれることはありません。

GPSやICレコーダーの設置がバレる

浮気調査の際にGPSやICレコーダーを設置していたことが相手にバレてしまうこともあります。
もしバレてしまっても自分が設置したものだと認めてはいけません。

GPSのことを責められても自分は知らないという態度を一貫して「誰か知らない人が取り付けたんじゃない?」と白を切りましょう。

発見されたとしても誰が設置したか特定することは難しいので認めなければ問題はありません。

ICレコーダーの場合は自分が仕事や自治会などで使っていたものが紛れてしまったなどの言い訳が使えます。

張り込み・尾行中に警察に通報される

警察に通報されるケースには2つの要因が考えられます。

  1. ひとつは素行調査中に何らかの違反を犯してしまった場合。
  2. ふたつめは調査対象者または第三者に通報されてしまう場合です。

交通ルール違反や他人の所有地に勝手に侵入すると警察に通報されることがあります。
特に多いのが他人の所有地に侵入してしまうケースの失敗です。

対策としては遠距離撮影機材を利用して離れた場所から証拠映像や写真を撮影すれば問題はありません。

浮気調査に使えるアプリおすすめランキング(無料・有料)10選!浮気防止にも役立つアプリ

浮気調査に使えるアプリおすすめランキング(無料・有料)10選!浮気防止にも役立つアプリ

続きを見る

浮気調査がバレてしまった人の口コミ

浮気調査がターゲットにバレてしまったという方の口コミを紹介します。
どうしてバレてしまったのか事例や対策も理解できるので確認してください。

探偵に依頼して夫の浮気現場を抑えてもらう依頼をしました。
ですが調査報告を待っている間日ごろから夫に懐疑心がありそれが夫に伝わったのか夫から「何か俺のこと疑ってる?怪しいんだけど」と言われました。
ストレスも溜まっていたこともありつい「あなたの方が嘘ついてることあるでしょ」と言い合いになり結局浮気調査をしていたことがバレました。
険悪だった夫婦関係はさらに悪化し現在泥沼化しています。

安さにつられて某探偵事務所に夫の素行調査を依頼したんですが明かに失敗でした。
夫の知り合いや職場関係の人に無神経に連絡を取り周りから怪しまれついには夫にまでバレてしまいました。
後悔しても遅いですが依頼をする際料金のことばかり気になっていたんですがもっと評判や実績を見て決めればよかったと思います。
調査報告も適当で夫との関係がさらに悪化するだけの結果になりました。

旦那が浮気をしてると思って携帯をチェックしていたところを見られました。
一応その場はなんとか誤魔化したんですけど相手のガードが固くなってしまい関係もギクシャク。
相手も警戒心が強まったのか明らかに行動がおかしく証拠を掴ませないようにしてるみたいです。
正直失望しかないんですがこのまま離婚になるのも悔しいので今度浮気調査の実績がある探偵事務所に相談に行こうと思います。

日ごろからストレスや懐疑心があるとターゲットにもそのイライラが伝わってしまいやすくそこから口論に発展し浮気調査がバレるケースがあります。

その結果夫婦関係がさらに悪化し取り返しのつかない状態になってしまうことも。

そういったケースに陥らないために日ごろからストレス発散をしターゲットには自然なふるまいで接することが重要です。

また探偵に依頼する場合は浮気調査実績の有無を必ず確認し、実績のある探偵を利用すれば浮気の証拠を確実に掴むことができますよ。

浮気調査がバレないためのコツは?

浮気調査がターゲットにバレないためには次の3つのポイントに気を付けてみてください。

行動パターンを変えない

浮気調査をしているとどうしても相手に対してい懐疑心を抱き情緒が不安定になったりします。

そのため行動パターンが普段と異なり相手に不信感を抱かせる結果を招くことにも繋がります。
そうならないためにも普段から運動や買い物などでストレスを発散し行動パターンを変えないように心掛けましょう。

疑われていなければ相手も油断し浮気の証拠を掴みやすくなります。

自分の車を使わない

ターゲットが自家用車やタクシーで移動をする際は自分も車を使う必要があります。

自分の車がある場合でもレンタカーを利用するようにしましょう。

理由は簡単、ナンバープレートや自動車のサイドミラーなどで尾行がバレる可能性があるからです。
浮気をしている人間は見慣れたものに対して敏感に反応するので万が一のことも考えてリスクを減らす方がいいでしょう。

高性能の機材を買う

浮気調査を成功させたいならそれなりの高性能機材の購入も検討してください。

ラブホテルからの出入りを写真で撮影する場合でもターゲットの顔がしっかりと判別できなければ証拠として扱うことはできません。

性能の低いカメラを使用していると撮影に成功しても顔の判別ができずに不貞行為の立証が出来なければまったくの無駄足です。

音声に関してもICレコーダーを設置する際は音質のいいものを購入するのが無難です。
確実に不貞行為の証拠を押さえたいなら必要な機能を持った機材を揃えてくださいね。

【自分で浮気調査をする方法】パートナーの浮気の証拠をつかむコツ

【自分で浮気調査をする方法】パートナーの浮気の証拠をつかむコツ

続きを見る

探偵に依頼した方がいい理由

浮気調査は個人でも行えますが探偵に依頼した方が確実です。
その理由を紹介します。

顔がバレていないから

浮気調査を探偵に依頼する一番の理由は”顔がバレていなので調査がしやすい”からです。

浮気調査においてもっとも重要なことは『調査していることが相手にバレない』ということ。
それを考えた時顔が相手にバレていないことは大きなメリットになります。

探偵は素性が知られていない分スムーズに浮気調査をすることができます。

証拠収集の知識が豊富だから

裁判で不貞行為の証拠を提示する場合、法的要件を満たしていなければなりません。

素人がその用件を満たすのは非常に難しく最悪の場合、自分の方が不利になる可能性もあります。

浮気調査に精通した探偵なら法的効力のある証拠を確保できる可能性が極めて高く裁判の際にも有利になります。
依頼をする際は浮気調査の実績がある探偵かどうか必ず確認してください。

洗練されたスキル・テクニックがあるから

探偵は浮気調査に関してプロのスキルを持っています。

張り込みはもちろん高機能な機材を扱うスキルなど探偵により能力は異なりますが確実に証拠を抑える実力を持っているのは確かです。

日々の調査から経験を積み重ね臨機応変に依頼者の要望に応えてくれますよ。

専門的な調査設備があるから

望遠カメラや自社車両、GPSやトランシーバーなど浮気調査に必要な調査設備を整えています。
浮気で離婚裁判や慰謝料裁判になった場合証拠は重要な役割を果たすため法的効力の強いものほど有利に裁判を進めることができます。

クオリティの低い証拠では裁判では何の役にも立ちません。

裁判で勝てる確実性が欲しいなら探偵に依頼することをおすすめします。

浮気の証拠入手までの期間が早いから

探偵に依頼した場合自分で調査するよりも圧倒的短期間で証拠を掴んでくれます。

上記で解説したように探偵は浮気調査に対するプロのスキル・経験・調査設備を持ち確実に浮気現場の証拠を押さえてくれます。

アフターケアも行ってくれるから

探偵社はアフターケアも行っており、不貞行為の証拠を掴んだ後の行動についても優しく教えてくれます。

和解をするのか裁判をするのかにもよりますが法律が絡んでくるものも多いため知識のない人が自力で行うのは大変な作業です。

探偵社によっては信頼できる弁護士やカウンセラーなどを紹介してくれる場合もあるので一度相談してみてください。

【浮気調査の結果が白だった】どうしたらいい?白だった時に考えられる最悪なケース

【浮気調査の結果が白だった】どうしたらいい?白だった時に考えられる最悪なケース

続きを見る

まとめ

浮気調査は個人でもできますがメリットが少ないため、確実に証拠を掴みたいなら浮気調査に実績のある探偵にお願いするのがおすすめです。

近年ではスマホなどの普及により浮気をしやすく隠しやすい世の中になっています。

相手と向き合うか離婚を求めるかはご自身の判断に委ねます。

ですが相手が自分のことを裏切ってるかもしれないそんな不安に駆られた際の選択肢として浮気調査のご依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

-浮気調査ガイド

© 2021 浮気調査・探偵事務所リスト【2021】