不倫ってどこから?法律的に不貞行為とされる基準とは

パートナーが不倫や浮気をしてるかもしれないと思うと、悔しくて夜も眠れないことでしょう。

しかし不倫と浮気の定義について正確に説明できるでしょうか。

今後前向きに進んでいくために、これらをしっかりと理解しておく事は大切です。

そこでこの記事では不倫と浮気の定義について解説していきます。

そもそも不倫って何?浮気とはどう違うの?

不倫と浮気はどのように違うのでしょうか。

そもそもそれらに違いはあるのでしょうか?
法律ではどうなっているか見てみましょう。

浮気も不倫「相手方(妻・夫)の信頼を裏切る」という点では一緒です。

しかし「婚姻関係があるかないか」によって大きく違ってくるのです。

不貞行為、つまり不倫とは法律上でははっきりと「配偶者」と明記されています。

すなわち、結婚している男女のどちらかが他の異性と性的な関係を持っているのが「不貞行為」つまり不倫であり、カップルの間で発生する場合を浮気と呼びます。

また婚姻関係がないような場合であったとしても「内縁関係」があると判断されれば、パートナーの不貞行為は不倫として損害賠償の対象になると言うわけです。

ぶっちゃけ不倫ってどこからなの?浮気の基準って決まってるの?

さて不倫についてしっかりと理解したところで、どこからが不倫になるのか男性と女性の意見について紹介したいと思います。

男性が考える「不倫」の基準

一般的に男性が思う不倫の線引きは、

  • セックスしたら
  • 手を繋いだら
  • キスをしたら
  • 好きになっちゃったら
  • 2人だけで夜に出かけたら

このようにどこからを「不倫」とするかはその男性によって異なります。

すなわちエッチをすれば不倫だと思う人もいれば、手をつないだだけで不倫だと思う人もいるわけです。

もっと極端な例だと夜に2人きりで出かけると不倫だと考える人もいるようですね。

男性が不倫する理由!不倫する男性の特徴まとめ

女性が考える「不倫」の基準

一方、女性はどういうことをすると不倫だと感じるのでしょうか。

  • 内緒で二人っきりで会ってた
  • 特にセックスなどがなくても“隠した時点”たら不倫
  • 手をつなぐ、ハグをするなど
  • キスはアウト!
  • 肉体関係が絶対にだめ!

こちらも男性と同じようにエッチをすれば不倫だと考える女性もいれば、やましい行為があればそれはすなわちすべて不倫だと考える人もいるようです。

こうなってくると全て相手次第と言うことになってしまうので、やはり正確な定義は必要になるでしょう。

まさかお互い結婚したときに、「どこからは不倫とする」と言う話し合いをするわけではありませんよね。

法律ではどこから不倫とみなされるのかについて解説していきたいと思います。

女性が不倫に走る理由!不倫をしている妻の特徴とは

法律ではどうなっている?法的に不倫と判断される基準はどこ?

法律的に不貞行為と判断される・されない基準をチェックしましょう。

不倫と判断されるケース

不貞行為と判断されるためには、異性と自由な意思で肉体関係・性交渉をもつこととされています。

つまり相手とセックスをしたかどうかか非常に重要と言うわけです。

そしてセックスをしたかどうかは推定ではなく、ちゃんとした証拠を提示する必要があります。

もしセックスをしたことが証明された場合、「1回だけならばOK」ということはなくたった1回でも不貞行為つまり不倫に該当します。

じゃぁお金を払ってセックスをすればいいのかと言えばそんな訳でもありません。

売春・買春も不貞行為になります。

もし自分の意思に反して無理矢理セックスをされてしまった場合、加害者は不貞行為を行ったことになりますが、被害者の場合は不倫になりません。

なぜなら「自由な意思」がないからです。

不倫と判断されないケース

一方不貞行為と判断されない行為についても紹介していきましょう。

キス・デート・手つなぎ・抱き合うのみの場合は不貞行為とはなりません。

出かけただけで不倫だとか、手をつないだだけで不倫だと考えている男女は少なくないようですが、少なくとも法的にはこれらは不倫には該当しません。

ただし、ラブホテル街で熱烈に抱き合ってキスをしあうなどしていた場合には、常識の範疇で考えてセックスをしていたことが想像できるため、不倫としてみなされる可能性が高いでしょう。

また不貞行為とは「異性」とセックスをすることですから同性同士の性的な接触は不貞行為にあたらないと考えられています。

不倫になること、不倫にならないことを例を挙げて紹介

セックスのないプラトニックな関係

女性とメールをする、デートをする、ライトなハグやキスをするというのは法律に「不貞行為」とは定められていません。

あくまでも不貞行為とは配偶者以外の異性とセックスをした場合だけですから、セックスがなければ不倫になりません。

1回限りのセックスは裁判では離婚理由と認められない

魔が差してついつい他の異性とセックスをした場合には立派な不倫です。

しかし裁判になってそれを理由として離婚を認定してもらう場合には、証拠として弱いのは事実です。

というのも不倫を離婚する理由として認めてもらうには、継続的に不貞行為を行っている事実が必要です。

過去の裁判でも1回だけのセックスを理由に離婚を認めたケースはほぼありません。

とは言え1回だからといってセックスをしていいわけではありません。

いちどでもセックスをすればそれは立派な不倫になるので注意しておいてください。

風俗ならセーフというのは勘違い?

愛情がなくお金の関係でセックスをしたとしても、不貞行為と認められます。

例えば風俗を利用すれば立派な浮気です。

ただしこれも一度だけでは離婚理由として認定してもらうのは難しいでしょう。

しかしあきらめる必要はありません。

もし旦那さんが風俗が大好きで、どれだけ話し合っても止めてくれない場合には「婚姻を継続し難い重大な事由」になります。

別居中に起こった不倫では離婚することはできない?

不倫が離婚として理由になるのはあくまでも不貞行為を行った結果として夫婦仲が悪くなったという事実が必要です。

このような理由により、別居中不倫をされてしまった場合には、それを離婚理由や慰謝料請求の対象とはできないのです。

不倫ってどこから?についてのまとめ

パートナーの不貞行為を伺ったら、しっかりと不倫の定義に当てはまるかどうか調べてみましょう。

もし不倫の定義に法的には当てはまらいないようであれば、裁判を起こしてもきっと不利になります。

もし相手の不倫により浮気を考えているなら、できるだけ証拠集めて言い逃れができないようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フリーランス探偵:石田

フリーランス探偵:石田

フリーランスで浮気調査を承っております。このサイトでは浮気調査にかかる費用や、具体的な調査方法などを分かりやすく解説してていきます。

-浮気調査ガイド

10万件の実績!1時間2500円~完全後払い
あい探偵【全国対応可能】
調査料金は一律!移動費も0!弁護士と連携してフルサポート