浮気調査でよくある失敗パターン!失敗の原因とリスク

浮気調査でよくある失敗パターン!失敗の原因とリスク

お金を出して浮気調査を行ったとしても、残念ながら失敗に終わってしまうこともあります。

そこで失敗のリスクを減らすために、浮気調査が失敗した例を参考にするのも1つの手です。

失敗のパターンを把握しておけば、同じ失敗を避けられるかもしれません。

浮気調査のよくある失敗パターンとは?

浮気調査のよくある失敗パターンとは?

裁判で調査結果が使えない

探偵に浮気調査を依頼した結果である調査報告書であっても、離婚裁判の際に浮気の証拠として利用できない場合があります。

調査報告書の内容がデタラメ、もしくは内容に不備がある場合には、証拠として利用できなくなります。

お金を出して調査を依頼した場合でも、証拠として通用しなければ意味がありません。

いい加減な調査を行って調査報告書を提出するような悪徳業者、もしくは裁判で通用する書式の書き方を把握していない業者の利用を避けることで、裁判で使える証拠を提出してもらえます。

調査をしても証拠が手に入らない場合もある

浮気調査を依頼すれば、必ず証拠が手に入ると思っていませんか?実は調査の機材が不十分、調査日程の都合が悪いなどの理由から、証拠をつかみ損ねてしまうケースも見られます。

パートナーの動きによっては、急遽当日に調査を行ってほしいという場合もあるでしょう。

ですが急な調査に対応してもらえない場合、浮気の可能性が高い日に調査を行ってもらえず、証拠を逃してしまうかもしれません。

浮気調査を依頼するのであれば、浮気の証拠がつかめそうなタイミングで、臨機応変に対応してもらえるか確認することも必要です。

調査対象者に浮気調査がばれたら意味がない

浮気調査において一番大切なことが、調査対象者にばれないようにすることです。

しかし調査対象者の警戒心が強い、探偵の尾行や張り込みが下手などの理由で調査していることがばれてしまう場合もあります。

特に探偵の経験が浅い場合、警戒心が強い調査対象者にばれて調査の続行ができなくなります。

途中でばれることないように、経験豊富な探偵に依頼することが大切です。

中には調査している罪悪感から、依頼者が浮気調査をばらしてしまって証拠をつかめなくなってしまうケースも見られます。

浮気調査をすると決めたら、はっきりした結果が出るまで、パートナーには調査をしていることを伝えないように注意しましょう。

慰謝料が希望額より少なかったパターン

浮気調査を行う目的は、人によって違いがあります。

裁判で通用する浮気の証拠が欲しいという方もいれば、離婚裁判で多くの慰謝料がもらえるような証拠が必要だという方もいます。

実際にどのような目的で浮気調査をしてほしいのか探偵側にしっかりと伝えておかないと、必要な証拠が集まらなかったという失敗につながります。

実際にどのような証拠が欲しくて調査を依頼したいのか、依頼前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

失敗しないためのポイント

失敗しないためのポイント
浮気調査で失敗したと感じないようにするために、いくつか押さえておきたいポイントが存在しています。

そのポイントの1つが、調査報告書に不備や記載漏れがないか確認することです。

可能なら事前に調査報告書のサンプルをもらって、裁判に通用する証拠が集まるのか、慰謝料が欲しい場合には慰謝料が多くもらえる調査報告書の提出が可能か確認しておきましょう。

また浮気する可能性が高い日に調査を行ってもらうために、調査当日に調査員と連絡を取ることが可能かどうかも失敗を防ぐためのポイントの1つです。

調査の状況を途中で確認できるなら、状況に応じて臨機応変に対応してもらいやすくなるため、失敗を防ぐことにもつながりやすくなります。

探偵事務所の対応から失敗のリスクを判断しよう

探偵事務所の対応から失敗のリスクを判断しよう

安さだけを重視した調査提案に注意

浮気調査の相談へ行った際、探偵事務所が安さばかりを重視した調査を提案することがあります。

少しでも安く調査をしてほしいという思いから、提案された安いプランを選んでしまう方もいます。

しかし安いプランは調査日数や使う機材が少なく、十分な証拠がつかめない場合も多く見られます。

結果的に追加調査を依頼し、トータルの費用が高くなって失敗したと感じる方も多いので注意しましょう。

依頼後の連絡や相談に問題がないか

信頼できる探偵事務所であれば、依頼後の連絡や相談に対しても丁寧に対応してもらうことが可能です。

もしも依頼後の連絡や相談がおろそかな場合、依頼主を不安にされる信頼できない探偵事務所かもしれません。

そのような場合は失敗のリスクも高くなるので、連絡や相談がスムーズなところを利用しましょう。

サポートは裁判や示談まで続くのか

探偵事務所に依頼できるのは、浮気調査で証拠を取ってもらうところまでというイメージを持っている方もいます。

しかしサポートが丁寧な探偵事務の場合、調査報告書を提出したら終わりではなく、離婚裁判や示談までしっかりとサポートしてもらえます。

アフターフォローがいい加減で別の探偵事務所を利用したらよかったと後悔することがないように、サポート体制にも注目して浮気調査の依頼先を決めましょう。

調査に失敗した場合の費用を確認しよう

調査に失敗した場合の費用を確認しよう

返金されない場合

浮気調査が失敗して返金されないケースは、基本的に依頼主側に問題があった場合です。

例えば依頼主が、自分から調査対象者に調査をしていることをばらしてしまったことが失敗の原因になっているなら、依頼者側の責任とされ返金されない場合もあるので注意しましょう。

調査分の料金を払って残りは返金のケース

途中で浮気調査が失敗に終わった場合、失敗するまでにかかった料金のみを支払って、残りの料金は返金になる場合があります。

一部の料金が返金される場合、依頼主側に要因があった場合と探偵側に要因があった場合の両方のパターンが見られます。

また依頼の途中でキャンセルをする場合にも、キャンセルまでにかかった実費と解約金を支払って、残りの金額は返金されます。

全額返金のパターンを確認

依頼者側に問題はなく、探偵側のミスで調査の継続ができなくなった場合、ミスの程度によっては全額返金となるケースも見られます。

ただし実際に全額返金されるかどうかは、探偵社ごとに違いがあります。

失敗した場合の支払いの返金について知りたい場合には、調査を依頼する前の段階で説明を聞いて、気になる点があれば質問しておきましょう。

探偵業者には事前に返金と解約について説明する義務があるため、事前に返金対応について確認できます。

浮気調査は担当やカウンセラーの質も重要

浮気調査は担当やカウンセラーの質も重要
調査力が高いと評判の探偵事務所であれば、信頼して利用できると考えている方もいます。

しかし調査力が高くても、担当やカウンセラーの質が低いと望んだ結果につながりにくいこともあります。

浮気調査の結果をどのように使いたいのか理解し、個人の状況に合った調査内容を提案してくれる担当やカウンセラーがいる探偵事務所を選ぶことで、失敗のリスクを減らし満足度の高い結果につなげやすくなるかもしれません。

まずは相談してみて安心して任せられる事務所か判断しましょう。

失敗を防ぐために大切なこと

浮気調査の失敗を防ぐためには、失敗のパターンを把握して、同じ失敗が起きないように注意することが大切です。

また失敗のリスクを減らすために、信頼して利用できる探偵事務所を選ぶことも良い結果につなげるためのコツです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フリーランス探偵:石田

フリーランス探偵:石田

フリーランスで浮気調査を承っております。このサイトでは浮気調査にかかる費用や、具体的な調査方法などを分かりやすく解説してていきます。

-浮気調査ガイド

10万件の実績!1時間2500円~完全後払い
あい探偵【全国対応可能】
調査料金は一律!移動費も0!弁護士と連携してフルサポート