勝手に浮気調査をした時に違法となる行為とは?どこまでが合法なのか解説

勝手に浮気調査をした時に違法となる行為とは?どこまでが合法なのか解説

もしかしたら旦那さんが浮気しているかもしれないと疑った場合、自分でその浮気の調査をしたいと思うかも知れませんね。

しかし、浮気の調査は非常にナーバスな問題もあり、下手をすると違法行為になることもあります。

果たしてどこまでであれば自分で浮気の調査はできるのでしょうか。

勝手に浮気調査をした時に違法行為とみなされるものは?

浮気の調査をして違法になってしまうのは次のような行為です。

  • スマホやパソコンのパスワードを盗み見する
  • SNSやメールの中身を勝手に見る
  • 旦那さんを街中で尾行する行為
  • 他人の住居・敷地内に無断で侵入
  • 盗聴器・盗撮器を設置
  • アプリを使って勝手に旦那さんの行動監視をした

例えば、旦那さんのスマートフォンやパソコンのパスワードを盗み見して、ロックされている端末の中の情報をチェックした場合、それはプライバシーの侵害になり夫婦といえども犯罪行為にみなされます。

最近は何事もスマートフォンがなければ始まりませんが、スマートフォンは個人情報の塊です。

同意を得ずに勝手にパスワードを解除して中身をチェックするのは違法行為に該当することを知っておきましょう。

また旦那さんを含めて街中で他人を尾行する行為も犯罪行為になる可能性が十分にあり得ます。

あとをつこと自体は犯罪にはなりませんが、尾行するにあたり勝手に他人の土地に侵入したりすれば、それは不法侵入になります。

浮気の証拠を集めようとして盗聴器や盗撮器を設置することも、設置するために何かを破損したり取り外したのであれば器物損壊犯罪行為に該当する可能性がありますし、スマートフォンのアプリを利用して旦那さんの位置情報を勝手に補足することも、認められていません。

このように、夫婦といえども犯罪行為に該当するものは様々あるため、自分で浮気の調査をするにも制約がたくさんあることがわかっていただけるかと思います。

【浮気調査バレたらどうなる?】バレたときのリスクと対策

【浮気調査バレたらどうなる?】バレたときのリスクと対策

続きを見る

違法行為に当たらない行為!合法な浮気調査とは例えばどんなものがある?

それでは違法行為に当たらない行為を説明しましょう。

  • カードの利用明細や給与明細を見る
  • 「ロックが設定されていない」スマホやパソコンを覗く
  • 配偶者や恋人のカバンの中や財布の中身を確認する
  • 夫婦が「一緒に暮らす家」に盗聴器や監視カメラを仕掛ける
  • 夫婦が「一緒に使っている車」にGPSを仕掛ける
  • 婚姻関係があっての尾行、撮影、張り込み

これらの行為は先ほど禁止されている行為と何が違うのでしょうか。

まずスマートフォンの覗き見ですが、パスワードが設定されているかどうかが大きな違いです。

パスワードが設定されているパソコンやスマートフォンを覗き見ると犯罪になりますが、パスワードが設定されていなければセーフです。

旦那さんのカバンの中を探すのはグレーでありマナー違反ではありますが、夫婦であれば犯罪行為にはなりません。

一緒に暮らしている家に盗聴器や監視カメラを仕掛けるのは自分の家なので全く問題ありませんし、一緒に使っている車にGPSを仕掛けることも同じ理由で問題ありません。

そもそも尾行自体は犯罪ではなく、不法侵入等を犯さなければ全く問題ありません。

【自分で浮気調査をする方法】パートナーの浮気の証拠をつかむコツ

自分で浮気調査をする方法!やり方とリスクについて

続きを見る

浮気調査の違法と合法を判断する基準ってどこにあるの

さて、旦那さんの浮気は調べるにあたり合法と違法の判定はどう違うのでしょうか。

法律に違反する行為

日本には法律があります。

その法律に抵触するような行為は、たとえ相手が誰であろうとも違法行為になります。

浮気の調査が違法になるかどうかを考えるにあたり、しっかりと法令を理解しておくことが大切ですね。

プライバシーを侵害する行為

相手のプライバシーの侵害に該当する行為は違法となります。

たとえ夫婦であってもプライバシーを尊重されるべきであり、過度なプライバシーの侵害は違法行為になるのです。

プライバシーの侵害をして集めた証拠は、裁判では離婚の調停の時に認めてもらうことができません。

他人の権利、利益を侵害する行為

浮気の調査により、他人の権利や利益を侵害してしまった場合も違法行為とみなされるでしょう。

例えば旦那さんを尾行していて勝手に誰かの土地に入り込んだ場合、これが例えば浮気相手の家に勝手に上がり込む事は、たとえ浮気調査中とは言えども絶対にやってはいけないことです。

浮気の証拠を集めるためにあなたが不法侵入で訴えられてしまっては意味がありませんよね。

とにかく絶対に他人の侵害をしないようにしてください。

【浮気調査を依頼したことがある人たちの口コミ】浮気探偵依頼のキッカケや目的・感想まとめ

【浮気調査を依頼したことがある人たちの口コミ】浮気探偵依頼のキッカケや目的・感想まとめ

続きを見る

探偵による浮気調査はすべて合法なの?

探偵は、探偵業法に基づき

  • 張り込み
  • 聞き込み
  • 尾行
  • 調査に必要な情報を調べること

と言った行動をとることが認められています。先ほど禁止した行為も、探偵であれば全く問題なくできるのでしょうか。

いいえそのような事はありません。

探偵であったとしても、先ほど禁止した行為は絶対にしてはいけないことであり、この点に関してはあなたが調査するのと全く違いはありません。

しかし探偵はどこからが違法になるのかそのボーダーラインについてしっかりと理解しているため、ギリギリのところまでしっかりと調査を行うことができるでしょう。

また尾行や張り込みについてですが、こちらは法律に抵触しない限りあなたがしても全く問題ない行為です。

しかし相手に不安な気持ちを持たせてしまったりばれてしまっては意味がありませんから、そういった意味では尾行や張り込みに慣れている探偵に任せてしまった方が、確実に証拠を集めることができるのです。

不倫ってどこから?法律的に不貞行為とされる基準とは

旦那さんの浮気の調査をするなら

この記事では、あなたが旦那さんの浮気の証拠を集めるにあたり、許されることと許されないことについて解説してきました。

法律に触れるような行為は、例え浮気の調査だったとしても絶対にやってはいけません。

あなたが訴えられる可能性がありますし、違法な手段で集めた証拠は、浮気の調停では利用することができません。

浮気の証拠を集めるなら探偵に依頼するのも一つの方法と言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
フリーランス探偵:石田

フリーランス探偵:石田

フリーランスで浮気調査を承っております。このサイトでは浮気調査にかかる費用や、具体的な調査方法などを分かりやすく解説してていきます。

-浮気調査ガイド

10万件の実績!1時間2500円~完全後払い
あい探偵【全国対応可能】
調査料金は一律!移動費も0!弁護士と連携してフルサポート